2011年12月11日

震災の中で学んだ「為に生きる」



今日は、所属教会の教会学校の礼拝に参加しました。

子供達を連れて参加し、親も後ろで説教を聞きますが、
意外と大人の礼拝以上に恵みを受けたり気付きを
得ることがあります。

今日の教会学校礼拝の説教より。

3月11日に東日本大震災が起きて、今日でちょうど9か月です。

先日、文部省の所轄の勉強会に参加して、
被災地の子供たちの
学習発表を聞く機会がありました。

大震災の直後は、津波によって住処も家財道具も
すべて失い、救援物資が届くまでの期間、
毎日毎日生きるだけで精一杯の期間が続きました。

大震災.jpg

毎日、物に恵まれた現代の日本では、通常は
到底考えられないような状況です。

そんな中、子供達も津波で流されてきた家屋の中から、
食べ物を探し出しては、食していたそうです。

厳密に言えば、窃盗なのかもしれませんが、
生きるためには、当然私もそうやったことでしょう。

ところが、やはりそうして毎日過ごしていると、
気持ちがだんだん暗く、すさんでくるのが
自分でも分かったといいます。

やがて救援物資が届くようになり、ボランティアの人が
現地に入るようになってから、子供達も
「何か自分達でできることはないか?」と考えました。

そこで、水や食料を運んだり、
がれきを片付けるのを手伝ったりしているうちに、
気持ちがだんだん明るく、
希望的になったといいます。

「人は、他人のためにいきること」によって
喜びを得られるという事を、身を持って痛感した、と
被災地の小学生が語っていたそうです。

私達は、毎週、教会学校へ通って
神様の教えを勉強し、信仰生活をしています。

それは、何のためでしょうか?
考えたことがありますか?

それは、他の人のために生きる「愛の実践」をできる
自分自身となるためです。
それが、神様に喜ばれると共に
自分自身の本当の意味での幸せに繋がるのです。

一年ももうすぐ終わりますが、これからもそのことを
忘れないで、日々過ごしてゆきましょう。

応援して下さりありがとうございます。(^0^)
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 統一教会へ
posted by kei at 21:29| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 礼拝の恩恵 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年12月08日

礼拝の帰りに財布を拾いました。


先週、所属教会での礼拝に参加した帰り道、
長女が道端で財布を拾いました。

saifu.png

中を開けてみると、現金2万円と定期券が
入っていました。

幸い、近くに警察署があったので、すぐに届けに行きました。
子供3人を連れて、ぞろぞろ家族家族全員で警察署
へ行ったわけです。

初めて知ったのですが、
財布の持ち主が現われた場合、
拾った金額の1%から20%の範囲内で、
謝礼金を受け取りする権利が発生するそうで、
金額のパーセンテージは、持ち主と拾った人との間の
話合いによって決まるそうです。

一瞬考えたのですが、いちいち謝礼金の件で
話合いをするような事をしたくないと思い、
権利を放棄することにしました。

もともと自分のお金でも無いし、
持ち主が困っているだろうという純粋な気持ちから
警察に届けにいったのであって、それ以上の
下心はなかったからです。

聖書にも、
『カイザルのものはカイザルに、神のものは神に返しなさい』
(新約聖書・マルコによる福音書12:16)
と、あるではありませんか。

警察署を出た後は、
良い事をやった気持ち良さから
今日の青空のように晴れ晴れとした気持ちになりました。

初めて警察署へ行った子供達にとっても、
良い社会勉強になったように思います。

応援して下さりありがとうございます。(^0^)
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 統一教会へ
posted by kei at 15:15| 東京 🌁| Comment(0) | TrackBack(0) | 家族の情景 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年11月18日

サンタさんへの手紙


早いもので、街角にはクリスマスソングが流れ、

ツリーが飾られる季節となりました。

こうして いやがおうでも、年末の気分が高まってきます。


1年生の長女は、まだサンタさんを本気で信じています。

「今年は、何をお願いしようかな〜」とおもちゃ屋さんの

カタログを楽しそうに見つめています。


「あっ、そうだ。サンタさんへ手紙を書かないと…。

お父さん、便箋ちょうだい!」

と言うので、可愛らしい絵柄のはいった便箋と封筒の

セットを渡しました。

しばらく机に向かって、せっせせっせと手紙を書いた長女。


「 サンタさんへ

サンタさん、おげんきですか?

わたしがほしいのは、りかちゃんのペットショップです。

よろしくお願いします。

ところで、サンタさんはなんさいですか?

サンタさんのこと、だいすきです。
   
              さっちゃんより 」 


いや〜、夢があっていいですね。

隣で見ていた5年生の長男は、冷めた目で見ています。


「サンタさんって、お父さんがやっているんだって

〇〇くん(同級生)が言ってたよ。」


ばかばか、そんな事を妹の前で言うなよ…。


「アハハハハ、面白い話だね。

お父さんがどうしてトナカイに乗ったり、

北極からプレゼントを配ったりしに行かないといけないの?」


と笑ってその場をごまかしました。

内心、焦りまくりです……。


この時期、どこの家庭でも同じような光景が繰り返されて

いるのでしょうね。

07_pht.jpg

映画「ポーラーエクスプレス」の一場面より。

そろそろサンタさんが信じられなくなった少年が主人公の

映画です。

家族で見るクリスマス映画の中で、一押しの映画です。


応援して下さりありがとうございます。(^0^)
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 統一教会へ
posted by kei at 11:24| 東京 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 家族の情景 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。