2009年12月31日

「精誠の威力」

西暦2009年、天一国9年も、今日でおしまいです。

年の瀬の慌しい中にありますが、今日は2時間ばかり、
子供たちを近くの公園へ遊びに
連れて行きました。

最近は、子供たちで勝手に遊んでいてくれるので、
この時間、読書をするなり、
青空を眺めながらボーっとするなりして、
自分自身をリセットするいい時間になっています。

今日は、「トゥデイズ・ワールド・ジャパン」の12月号を
精読していました。
宋総会長の「精誠の威力」という説教が心に響きました。

50年牧会生活をされた宋先生は、いろいろな
統一教会員を見てきて、
「精誠」を捧げた人ほど、息子・娘・子孫まで
すべてうまくいくようになっているのを
たくさん見てきた、とおっしゃいます。

お父様のご生涯はまさにすべてのことにおいて
「誠」を尽くされるご生涯です。
そのお父様の姿勢を完全に相続された方が、
文亨進会長でいらっしゃいます。

凡人の我々は、日々目の前の出来事に
一喜一憂しやすいのですが、
それ以上に如何に「誠」を尽くす歩みをしているかと
いうことに意識を注ぐべきと感じさせられました。

今年一年も振り返ってみるといいこともあったし
悪いこともありましたが、すべて感謝です。

来るべき2010年が、希望の未来へと
繋がることを信じつつ、
ブログをご覧の皆様もどうぞ良いお年を
お迎え下さいますように。
posted by kei at 18:12| 東京 ☀| Comment(2) | 心に残るみ言葉 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年12月27日

UFOは、「天使の乗り物」

少し前のニュースですがこんな記事がありました。

[ロンドン 4日 ロイター] 
英国防省は、50年を超える歴史を持つ未確認飛行物体(UFO)調査部門を廃止した。同部門を存続させる予算面での合理的な理由がなくなったためという。
同省は、これまでにホットラインや電子メールを通じ、UFOに関する情報が国民から数多く寄せられたが、英国にとって脅威となる証拠や地球外生命の存在は何も発見されなかったとしている。
また、地球外生命が存在するかどうかについては何の意見も持たないとした上で、「こうした調査に防衛上の利点はなく、防衛予算を投じるのも適切ではないだろう」としている。
英国防省のスポークスマンは、アフガニスタンでの治安維持活動など、より優先度の高い事項に防衛予算が集中されると述べた。
また、UFO専門担当官を別の部門に配置転換することにより、年間4万4000ポンド(約650万円)のコスト削減ができるという。


英国の国防省にUFOの調査部門があったなんて
初めて知りました。
50年間調査したうえで、
「UFOが国防上脅威となる証拠が発見されなかった」
というのですから、やはりUFOは、「霊的存在」
と見ていいようです。

昔、史吉子先生(原理講論を執筆された
劉孝元先生の奥様)から聞いたのですが、
史先生は、UFOの存在について疑問に思い、
文先生に直接たずねたそうです。

文先生によれば、神様が宇宙を創造された際に、
星一つ一つにそれを管理する「天使」
を置かれたそうで、UFOというのは、
天使の乗り物だそうです。

なかなか面白いお話しだと思います。
同じ食口に話したら
「そんなのマユツバだあ……と笑われて
しまいましたが、数ある宇宙人やUFOについての
目撃情報を総合すると文先生の見解はもっとも
それらしく思われますし、原理からいっても
納得のゆく話しだと思いますが、
皆さんはどう思われますか。
posted by kei at 20:59| 東京 ☁| Comment(2) | 心に残るみ言葉 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年12月02日

善進様が、ハーバードの哲学科で学んだこと

昨日の日記「将来に希望を持つ」という話しの続きです。

私は、この話しを聞いて、ファミリーに掲載されていた、
文善進様の証し
「私たちの最善の可能性を見ておられるお父様」
を思い出しました。

善進様といえば、ハーバード大学の哲学科を
「優秀な成績で卒業された」という華々しいご経歴しか
知らなかったのですが、この証しを読んで、ガンの
闘病生活をしておられたと知り、大変驚きました。

やはり、ガンの宣告を受けた時には、
「私は死ぬのではないか」と、相当落ち込んだそうです。
その後、ご主人の支えやお父様の激励を受けて、
学問の道を志し、その後享進様(現:世界会長)
の勧めでハーバードへ編入されたそうです。

もちろん、天賦の才能というのもあるのでしょうが、
生か死かという闘病生活を超えて、学問の道を志す
というのは並大抵ではありません。

善進様が、ハーバード大学の哲学科で心理学を研究し、
学んだことは、

もしもあなたが物事を成功か失敗かで見るなら、
あなたの成長はそこで止まってしまう。
最善の道は成長し続けること、
試み続けること、
何があっても我慢して努力を続けること


だそうです。
何と意味深く、勇気付けられるみ言葉でしょうか!!
タグ:善進様
posted by kei at 18:54| 東京 ☀| Comment(0) | 心に残るみ言葉 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。