2010年03月30日

自叙伝を拝読する事による恩恵

桜は開花したというのに、冬のような寒さが続きますね。

r0011999.jpg

さて、今年の年頭に立てた目標の一つに、
「文先生の自叙伝を熟読し、自分の内的な指針とする」
というのがありました。

昼間は、なかなかまとまって時間が取れないのですが、
毎日、寝る前に読んでいます。

今、自叙伝訓読の3回目なのですが、
読むのが一日3ページだけでも
必ず新しい発見と気付きを与えられることに
驚かされます。

こうして、文先生の自叙伝に出会い、拝読できる事が
感謝です。

応援して下さりありがとうございます。(^0^)
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 統一教会へ
posted by kei at 17:21| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 心に残るみ言葉 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年02月06日

「真の夫婦愛」の証し

トゥデイズ・ワールド・ジャパンと共に届いた
「真の家庭」2月号を読みました。

私の尊敬する丸岡先生(真の家庭運動推進
協議会事務総長)の講話が掲載されていました。

以前、丸岡先生の奥様が、私の妻と同じ宣教国
の班長であり、我が家の長男が生まれた時にも、
わざわざ病院にかけつけて下さったこともありました。

そんなわけで、奥様がその後、宣教国先での事故で、
寝たきりとなってしまったとお聞きして以来、
その後の様子をずっと気にしていたのですが、
最近のご家庭での様子が講話に掲載されていました。



6年半前、妻が寝たきりになった直後は
目の前が真っ暗に、頭の中は真っ白になりましたが、
介護生活リズムをつかんで安定してきた今では、
むしろありがたいと思っています。
妻がいてくれるだけでありがたいのです。
 
「一緒になれて良かったね」
「何十年でも面倒みるから長生きするんだよ」

と話し掛けると、顔をくしゃくしゃにして喜びます。
妻が健康なときは、そんなことは思いもしませんでした。
妻が寝たきりという極限状態の中で
様々な心情を通過し、
多くの悟りを得ることができました。



これぞまさに「真の夫婦愛」の証しだと感じました。
私も読んでいて涙が止まりませんでした。
posted by kei at 16:50| 東京 ☀| Comment(1) | TrackBack(0) | 心に残るみ言葉 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年01月15日

おススメ本「神様に愛された日」

統一食口の必読本と言えば……
もちろん文先生の自叙伝ですが、
もう一つイチオシの本があります。
最近、光言社から発刊された
「神様に愛された日」という書籍です。

16101.jpg

統一教会の広報局で、昨年
「私が出会った神様の真の愛」をテーマに教会員
からの証しが募集されました。
本書は、その応募作品の中から48点を選んで
まとめたものです。

私も、先日ようやく購入しまして、通勤時間の間に
読みきってしまったのですが、
一つ一つのエピソードを読みながら、
「あぁ、そうだよなぁ」と共感したり、
ホロリと涙がこぼれそうになったり、
思わず笑いが吹き出したり……。

久しぶりにいい本を読ませてもらいました!

文先生は、
「真の愛は、家庭以外の場では
決して学ぶことができない価値だといえます」
(自叙伝より)
と述べていらっしゃいます。

この本のエピソードの一つ一つを拝見しながら、
祝福家庭の一家庭一家庭に、
間違いなく神様の真の愛が臨在し、
働いていらっしゃることに気付かされます。

光言社の小林社長のブログに、
この本の発刊に至った経緯とその意義について
詳しく掲載されています。

是非、ご覧下さい。>>>
パラダイム・シフト 
「真の愛の文化をつくりましょう!」


ご注文は、Amazonからできます。
>>神様に愛された日

Amazonでは通常1,500円以上の購入でないと
送料がかかりますが、何と3月一杯まで、
送料無料です。
posted by kei at 16:52| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 心に残るみ言葉 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。