2010年11月24日

「北朝鮮が韓国・延坪島を砲撃」の衝撃的なニュース


昨日、勤労感謝の日の祝日は、家族で「としまえん」へ行き、のんびり過ごさせて頂きました。

ところが、帰宅してTVをつけたらビックリ、「北朝鮮が韓国・延坪島を砲撃」「海軍兵士二人死亡」「韓国動乱以来の陸地攻撃」という衝撃的なニュースをやっていました。
日頃、韓半島の平和的統一を願い、そのように祈っている統一教会信徒としては、ショッキングなニュースです。

この件についてのお父様(文先生)の見解は聞いてはいませんが、天の摂理からみても危機的な状況であることは理解できます。

今朝の、世界日報1面での解説記事を添付します。

応援して下さりありがとうございます。(^0^)
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 統一教会へ
対北強硬政策へ揺さぶりか

 事件が起きた延坪島は1999年と2002年に付近の海上で韓国と北朝鮮の海軍が大々的に銃撃戦を行った場所で、NLL無効化を狙う北朝鮮が軍事的挑発を繰り返してきた“海の火薬庫”として知られる。だが、今回の砲撃は北朝鮮が韓国の陸地を直接攻撃し、しかも民間人を巻き添えにしたという点で韓国社会に大きな衝撃を与えている。
 北朝鮮としては、戦争の恐怖を韓国国民に植え付け、李明博政権の対北強硬政策に揺さぶりを掛けたい考えとみられる。NLL付近のいわゆる西海5島のうち最も本土に近い延坪島を砲撃したのは「脅威をより現実のものとして与える効果を狙った」(北朝鮮問題専門家)ためとの見方もある。

 また韓半島が紛争地域であることを国際社会に改めて印象付け、今後、米国をはじめとする周辺国との対話を有利に運ぼうという思惑もありそうだ。

 問題は今年3月に起きた哨戒艦事件で北朝鮮の軍事挑発を許さないと誓ったばかりの韓国が、またしても攻撃を受けたことだ。当時、韓国は独自の経済制裁などに踏み切ったが、「北に再度の攻撃を許さない断固たる後続措置がないなど、哨戒艦事件をめぐる対応の甘さがつけとなって跳ね返ってきた」(柳東烈・治安政策研究所上級研究官)とのそしりは免れ得ない。

 9月の朝鮮労働党代表者会議で北朝鮮の最高指導者・金正日総書記の後継者として登場した金正恩氏について「好戦的」と分析する向きが強い。砲撃が後継作業の一環として、まずは軍での実績づくりと基盤固めのために引き起こされたとするなら、韓国は相当の覚悟で北朝鮮と向き合わなければならない。



2010年08月25日

今年も靖国神社へ参拝しました。

yasukuni.jpg

先週の日曜日の話になりますが、今年の8月15日も、靖国神社へ参拝に行って参りました。
平和のありがたみをかみ締めつつ、英霊に感謝の祈りを捧げることは、日本人としての務めのように思えてなりません。
残念ながら、菅内閣の閣僚は誰一人参拝せず、寂しい限りですね。
隣国に媚びへつらうことが外交ではないはずですが、誠に嘆かわしい限りです。
ところで遊就館は、夏休みの期間中、小中学生は入館無料だそうです。
我が家の子供達も、もう少し成長して理解できるようになったら、一緒に見学に連れて行くつもりでいます。

応援して下さりありがとうございます。(^0^)
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 統一教会へ
posted by kei at 20:27| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 平和への願い | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年09月03日

「神風特攻隊」の貴重映像

9月を迎え、朝夕は随分と涼しくなり、
秋らしくなってきました。

先月は原爆の日に、終戦記念日、それからお盆
も重なって、戦没者や先祖に思いをいたす機会
の多い月でした。
 先日、とある一般の保守系団体の会合に参加
した際、ゲストで招かれた男性が、歌っていた
「close your eys」(クローズ・ユアー・アイズ)
という曲に、妙に心揺さぶられるものがありました。

作詞・作曲・長渕剛で、映画「男たちの大和」の主題歌です。

 翌日、パソコンからyou tube で、その
「close your eys」を聴いたのですが、
神風特攻隊の貴重映像と重なった動画がありまして、
「今まで育ててくれてありがとう」と母親に宛てられた
手紙等々、一人で観ていた私は、ボロボロ涙がこぼれて
来てしまいました。

 何も戦争を美化するつもりは無いのに、この映像を
見て流れる涙ってなんだろう?
日本人としてのDNAが、彼らに共感させられるの
だろうかと、我ながら考えました。

人として最も崇高な行為は、公の為に、自らの身を
省みず犠牲にしてゆくことでなないだろうかと思います。

「お国を守るためと」、敵艦へと特攻していった
二十歳にもならない若者達。

彼らは、単に時代の流れに翻弄されただけで、
祖国のために命を捧げようという崇高な思いだけ
では無かったのかもしれない。

しかし、今日の平和な日本の礎に、彼らような
犠牲があったということは、忘れてはならない
と思います。

 なお、9.11テロの際に、旅客機で世界貿易センタービル
へ突っ込んでいったテロリストの事を、
「カミカゼ・アタック」と称した海外メディアがありました
が、民間人を巻き込んでのテロ行為と、軍事作戦上での
「神風特攻隊」とは、本質的に異なるものである
ことを記しておきます。

*以下のホームページより視聴下さい。
 事前にハンカチのご準備を。 >> you tube
posted by kei at 16:34| 東京 ☁| Comment(1) | 平和への願い | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。