2011年10月15日

被災地の食口と、話す機会がありました。



先日、仕事上の電話で、福島市内に住む食口と話す機会がありました。

津波の被害に遭った地域ではありませんが、

やはり3月11日当日の揺れは大変なものだったそうで、

屋根瓦は落ちて家屋は半壊。

1か月は水道が復旧しなかったそうです。

7カ月たった今も屋根はブルーシートのままで、

月に一度は起こる震度4〜5の余震におびえながら

生活をしていると言われていました。


やはり原発事故の影響は甚大で、小学校でも多くのお友達が

転校してしまったとか。


『「フクシマ」というだけで、いろいろと言われるけれども、

ここの土地で生まれ育った自分たちは他に行くところもないし、

とりあえず住む場所と仕事があるだけで幸せ、

全国の食口の皆さんも苦労しておられるし、

前向きに頑張ってゆきたい』と、とても明るい声で

話しておられました。


震災から7カ月たって、自分自身も普段通りの生活に

戻っていますが、被災地の人達の苦労を忘れてはならないと

改めて感じた次第です。


shinnmai.jpg


折しもニュースで、福島産のお米が、検査したすべてのコメで

セシウムの暫定規制値を下回り「安全宣言」が出されたとの

朗報を聞きました。国の暫定基準値は、専門家の見識から、

十分な安全基準を見越しての数値です。


風評被害に惑わされず、被災地の支援のためにも

我が家では、福島産のお米を消費したいと思います。


応援して下さりありがとうございます。(^0^)
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 統一教会へ
posted by kei at 17:34| 東京 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 時事問題 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年03月14日

「震災後も整然と日本に驚き  中国紙報道

海外のメディアが、震災の中も冷静に対応している
日本人の姿勢を驚きを持って報道しています。

日本人は今まで多くの国難を乗り越え、
今日の地位を築いてきました。

今回の危機も、必ず乗り越えられると私は信じています。

------------------------------------

「震災後も整然」と日本に驚き  中国紙報道

中国紙、現地ルポを掲載 【上海時事】

 中国各紙は13日、東日本大震災で大きな被害を受けながらも、日本人が整然と行動し、街の秩序が保たれている様子を驚きをもって伝えた。
 上海紙・東方早報は、仙台市に入った記者が「わずかに営業しているスーパーの前に住民が整然と行列をつくり、便乗値上げもない」「停電で道路の信号が消えても、車は譲り合って走行している」などと伝える現地ルポを掲載した。
 中国最大の夕刊紙・揚子晩報は「東京では多くの市民が駅に足止めされたが、階段で両端に座り、人が通る道を空けた」と、写真付きでマナーの良さを紹介した。
 一方、有力経済紙・第一財経日報は休刊日にもかかわらず大震災の特集号を発行。「未曽有の自然災害に直面した日本人の冷静さがわれわれに深い印象を与えた」とし、背景には日ごろの地震への備えやテレビなどによる迅速な情報提供があったと分析。工場の操業停止を相次いで発表した日本企業の情報公開姿勢も評価した。


応援して下さりありがとうございます。(^0^)
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 統一教会へ
posted by kei at 19:31| 東京 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 時事問題 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年03月16日

「百害あって一利なし」のタバコ

私は10代にして統一教会へ導かれましたので、
タバコには、結局生涯縁がありませんでした。

酒は「百薬の長」ともいいますが、
タバコに関しては、「百害あって一利なし」。
縁を持たなくて本当に良かったです。

実は、工業高専を卒業したあと、半年だけ
大手電気メーカーで開発部門の仕事をしていたのですが、
一番嫌だったのは会社での人間関係ではなくて、
「タバコの煙」でした。

getimage.php.jpg

今でこそ、副流煙の弊害が叫ばれるようになり、
職場での禁煙・分煙化が進んでいますが、
20年前はそんな風潮は一切無く、
勤務時間中も職場のデスクで、上司がいつもうまそうに
タバコを吸っていました。

当時、教会のホームに入っていましたから
早朝から祈祷会をやっていたので、
ただでさえ昼間は眠くて頭がボーっとするのに、
煙で目は痛いし、喉はやられるし、
タバコの煙による苦痛は耐えがたいものが
ありました。

眠気覚ましにコーヒーを飲みたかったのですが、
職場で飲むことはできず、食堂以外では一切飲食禁止。
にもかかわらず、どうしてタバコはOKだったのか、
今だに理解できません…。

今の職場は、教会系の会社なので、
タバコの煙は一切ありません。
私にとっては、これだけでも「救われた」感じがしています。

健康志向が広まって、今は若い人の喫煙率は下がり、
公共施設や飲食店なども、禁煙化が進んでいます。

これは本当にいいことですね。

この点に関しては、
統一教会の方が、時代に先んじている
と言えるかもしれませんね。

応援して下さりありがとうございます。(^0^)
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 統一教会へ
posted by kei at 19:30| 東京 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 時事問題 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。