2010年12月20日

かつての苦労に意味があったのだろうか?


最近、元教会員と思われる方からコメントがありました。
失礼ではありますが、引用させて頂きます。



今の様子はどうなってるのかな?
とあちこちのブログなどをさまよい、ここにたどり着きました。
50周年ですか・・・。自分が活動していたころは、
30周年過ぎたあたりだったでしょうか。

徹夜で街の中を歩いたり、販売活動などもしたりして・・・。
今の規律はだいぶ穏やかになってるような気がします。
うらやましい限りです(笑)。

規律厳しいあの頃にいた自分らの当時のそんな歩みは
今の皆さん方に、いい結果をもたらしたものであった
のだろうか、無意味な活動であったのだろうか
ただその結論だけを求めたくてさまよっていた
次第であります。



私もかつては、独身者でしたので、ホームに入って、
この方と同じような生活をしていました。
昼夜を分かたず活動をしましたので、
歩きながら寝てしまって、よく電柱にぶつかったなぁ…。
靴下に穴が開いても、買い替えるお金がなくて、
自分で縫ったものです。
貧しかったけど、教会の兄弟姉妹が本当に慕わしくて、
当時は不思議な連帯感がありました。
今から思えば、すべて懐かしい思い出です。

今は家庭でみ旨を歩む時代になって、
各家庭に任される部分が増えたので、
規律という面では、かつてのような苦労は少なくなりました。
きちんと3食食べて、夜もちゃんと寝てますし。

では、当時の苦労が、果たして意味があったのか?と
問われれば、やはり「あった」と私は思います。
私自身を振り返っても、当時苦労して歩んでいる中で、
内的に復帰できた世界があって、今の自分があるのは確かです。

ちょうど昨日の礼拝で、教会長がこんな事を言われていました。


天からくるみ旨は、外的な摂理の側面と、
内的な復帰摂理の側面があります。
お父様のされる「勝利宣布」の数々は、目に見えない
内的な世界の話で、我々教会員でさえなかなか理解できず、
付いてゆけない部分が多いが、
霊界と神様の事はメシアのみがご存知なので、
間違いなく意味があることだと。
メシアと共に、教会員が成した苦労や精誠は、間違いなく
神様の復帰摂理の土台となって、今日がある、
と言われていました。

かつて教会で苦労しながらも、事情を抱えて離れた人たちも、
皆安心して帰って来られるような教会になれるよう、
我々現役信者が努力しないといけない、と
教会長が力説しておられました。

私もまさにその通りと思います。

応援して下さりありがとうございます。(^0^)
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 統一教会へ
posted by kei at 11:27| 東京 ☁| Comment(4) | TrackBack(0) | 礼拝の恩恵 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年12月14日

渋谷教会 説教「自信を持ちなさい。」

先日は、渋谷教会の礼拝に参加しました。

和田教区長の説教
「自信を持ちなさい。強く雄々しくありなさい!」
と題して、お話して下さいました。

とかく、教会へ来ると、「自己否定」という側面が強調されがちであり、
「自分に自信を持つ」という側面が否定されがちに思います。

なぜなら、「自分に自信を持つ」などというと、
堕落人間は傲慢になりがちであり、
ともすれば信仰の道から外れてしまいやすいからです。

ところが実際にみ旨を歩んで行くうえにおいて、
自分に自信を持って行動しなければ、
摂理を進めてゆくことは困難です。

和田教区長は、傲慢にならずに、かつ自信を持つための
信仰姿勢についてこう語って下さいました。

@この私に、神様が働いて下さっているという神様への自信・確信を持つこと

A神様が私を愛して下さっている、という事に対する確信を持つこと。
(自分の中に、神様が愛して下さる一点が必ずある。)

B信仰生活には決意と実践が必要。これが、真の意味での自信を生む。

とても、得るところの多いお話でした。
礼拝の恵みに感謝です。

以下、渋谷教会のホームページです。

>>>渋谷教会

明るい雰囲気の出ていてよく出来たホームページだと思います。(^_^)

渋谷教会HP.jpg


応援して下さりありがとうございます。(^0^)
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 統一教会へ
posted by kei at 19:27| 東京 ☁| Comment(2) | TrackBack(0) | 礼拝の恩恵 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年09月13日

家庭的四位基台によって守られる


日曜日の礼拝で、「イエス路程」についての講義を受けました。

原理講義を受けたのは実に久しぶりで新鮮でした。
もともと、これを聞いて復帰されたわけですから、原点に返らされるように感じます。

講義の中で、イエス様が、家庭的四位基台を築いていたならばサタンの攻撃を受けて命を奪われることは無かったという話が印象的でした。

これは、我々祝福家庭においても同様で、妻と子、という家庭的四位基台をしっかりと築いていればサタンから霊的に守られるというのです。

そう考えると、共にいる妻と子供に本当に感謝です。家族によって、自分が生かされていると、実感するからです。

今日は、夜の祈祷会の後に、妻と子供一人一人を抱きしめてやりました。妻は、目を白黒させていましたが、子供たちは、とてもうれしそうでした。

応援して下さりありがとうございます。(^0^)
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 統一教会へ
posted by kei at 06:48| 東京 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 礼拝の恩恵 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。