2011年12月11日

震災の中で学んだ「為に生きる」



今日は、所属教会の教会学校の礼拝に参加しました。

子供達を連れて参加し、親も後ろで説教を聞きますが、
意外と大人の礼拝以上に恵みを受けたり気付きを
得ることがあります。

今日の教会学校礼拝の説教より。

3月11日に東日本大震災が起きて、今日でちょうど9か月です。

先日、文部省の所轄の勉強会に参加して、
被災地の子供たちの
学習発表を聞く機会がありました。

大震災の直後は、津波によって住処も家財道具も
すべて失い、救援物資が届くまでの期間、
毎日毎日生きるだけで精一杯の期間が続きました。

大震災.jpg

毎日、物に恵まれた現代の日本では、通常は
到底考えられないような状況です。

そんな中、子供達も津波で流されてきた家屋の中から、
食べ物を探し出しては、食していたそうです。

厳密に言えば、窃盗なのかもしれませんが、
生きるためには、当然私もそうやったことでしょう。

ところが、やはりそうして毎日過ごしていると、
気持ちがだんだん暗く、すさんでくるのが
自分でも分かったといいます。

やがて救援物資が届くようになり、ボランティアの人が
現地に入るようになってから、子供達も
「何か自分達でできることはないか?」と考えました。

そこで、水や食料を運んだり、
がれきを片付けるのを手伝ったりしているうちに、
気持ちがだんだん明るく、
希望的になったといいます。

「人は、他人のためにいきること」によって
喜びを得られるという事を、身を持って痛感した、と
被災地の小学生が語っていたそうです。

私達は、毎週、教会学校へ通って
神様の教えを勉強し、信仰生活をしています。

それは、何のためでしょうか?
考えたことがありますか?

それは、他の人のために生きる「愛の実践」をできる
自分自身となるためです。
それが、神様に喜ばれると共に
自分自身の本当の意味での幸せに繋がるのです。

一年ももうすぐ終わりますが、これからもそのことを
忘れないで、日々過ごしてゆきましょう。

応援して下さりありがとうございます。(^0^)
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 統一教会へ
posted by kei at 21:29| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 礼拝の恩恵 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年10月04日

葛西海浜公園で野外礼拝



先週の話題になりますが、葛西海浜公園にて野外礼拝の

ひと時を持ちました。


「霊性を高めてゆくためにも、時には自然に触れることは大事です。

今日は、自然の中から神様のメッセージを感じ取りましょう!」

という教会長のみ言葉をいただきました。


普段、ビルに囲まれた都会に住んでいるだけに、

広々とした青空と海の匂いをかぐだけで、

とても解放された気分になります。


バーベキューで美味しい食事に舌鼓を打ったのちは、

「西なぎさ」の砂浜で遊びました。

砂浜で遊ぶ.JPG

震災の影響もあって今年は、一度も海へ行かなかった

のですが、子供達には代わりにこれで満足してもらえました。

残念だったのは、台風15号の影響で木切れやプラスチックなど

の生活ごみが砂浜にたくさんうちあげられていた事です。

ついでに皆でゴミ拾いをして、わずかですが

奉仕活動をさせて頂きました。

これもまた感謝です。


応援して下さりありがとうございます。(^0^)
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 統一教会へ
posted by kei at 17:32| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 礼拝の恩恵 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年05月08日

なぜ天歴の時代は、「旧暦」を使うのか?



今日の教会長の説教の本題ではないのですが、
なぜ天歴の時代を迎えて「旧暦」をもとに名節や敬礼式を
行うのか?ということについてふれていました。

昼の神様=真のご父母様 と
夜の神様=神様

が、一体となる本然の時代を迎えて、より主体である
「神様」を中心とした時代を迎えるようになったので、
夜=月の満ち欠けを元にした陰暦(旧暦)を用いるように
なったのだそうです。

tuki.jpg

理由を改めて聞いて、へぇ〜と改めて関心いたしました。

ところで明日は「安侍日」ですね。
今日は、早く寝て備えたいと思います。

応援して下さりありがとうございます。(^0^)
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 統一教会へ
posted by kei at 18:24| 東京 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 礼拝の恩恵 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。