2012年03月03日

全ての痛みを隠し抱いて来られたお父様<自叙伝>



私でもどうして痛みが無いはずがありません。

見た目は強気でいましたが、

喉が詰まり骨身にしみる悲しみが

一、二度ではありませんでした。

心が弱くなる時ほど

「私がこのように牢屋で消えて無くなる男ではない。

私は必ずもう一度立つ。確実にもう一度立つ。」と、

歯を食いしばりました。

「この全ての痛みを私の中に隠し抱いて行くのだ。

教会の全ての重荷を背負って行くのだ。」

と考え心をせき立てました。 <自叙伝より>




ともすれば、メシアであるからお父様は我々とは違う

特別な人間なのだと考えがちなのですが、

実は大変な痛みや苦しみを通過して来られた方であることが

この一節から分かります。

何度も何度も御自身を励まし、

せき立てて歩んで来られたお父様です。

私達の現実的な困難は、実に小さな次元の物であると

気が付かされます。


応援して下さりありがとうございます。(^0^)
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 統一教会へ
posted by kei at 21:44| 東京 ☁| Comment(2) | TrackBack(0) | 心に残るみ言葉 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
keiさんのブログを拝見して落ち込んでいた心が少しだけ勇気付けられました。と同時に神様を感じました。ありがとうございます。感謝です。
Posted by 栃木県の食口kazu at 2016年03月06日 05:02
しばらくブログの方はお休みしておりましたが、コメント頂きありがとうございました。
過去の記事ですが、読者の方の心にプラスになれば、望外の喜びです。
Posted by kei at 2016年03月06日 07:40
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。