2012年02月20日

深い心を分け合う人



私はよい暮らしをし強い家の子共達よりは、

難しく暮らしご飯も食べれない子供と

もっと身近に付き合い、どんな事をしても

この子供の空腹を解決してあげたかった。

それが私が一番好きな遊びだったからです。

幼い年でしたが全ての人の友達、

いや友達以上の深い心を分け合う人になりたいと

考えてました。
(自叙伝より)



「深い心を分け合う」とは、ただ可哀想で何かをしてあげる

という事ではなく、相手の心を分かち合い、「愛したい」という

心のように思います。

そんなお父様の真の愛を実践する生き方を

相続してゆきたいものだと思います。


応援して下さりありがとうございます。(^0^)
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 統一教会へ
posted by kei at 19:10| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 心に残るみ言葉 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。