2012年01月31日

無条件に親を慕う姿



私は、毎朝子供達3人が、小学校へ登校する時に、

近くの横断歩道まで見送ってゆくのが日課になっています。


雨の日も、寒い日も、子供達は元気一杯。


oudannhodou.jpg

交通量の多い国道を、手をつないで渡ってゆく

のですが、1年生の長女は、横断歩道を渡り切っても

いつまでも手を離したがりません。


そういうわけで、ついつい学校の近くまで

一緒に歩いて行ってしまいます。

ホント、かわいいなぁ〜っといつも思ってしまいます。

無条件に自分の事を慕ってくれる

子供の姿は本当に癒されます。


神様から人間を見た時も

そうなのかもしれないなと感じました。


いいことがあった時、神様を賛美し、栄光をお返しする。

辛い時は、それでも神様に感謝して乗り越えてゆく。

そういう姿を見て、神様は喜ばれるのかもしれません。


応援して下さりありがとうございます。(^0^)
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 統一教会へ
posted by kei at 18:25| 東京 ☀| Comment(2) | TrackBack(0) | 家族の情景 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
こんにちは! 最近、ブログ村に登録した美月といいます。やっぱりこういった、ほんわかした記事はいいですね。

無条件に自分を慕ってくれる子供達は、ほんとうに可愛いです^^
うちには5人の子供がおりますが、あっという間に成長し、長男はもう20歳になりました。(一番下はまだ小学2年生ですが。) 次々と家を離れ、子供たちが自立していく姿を見ながら嬉しくもあり、寂しくもあり。 そちらのお子さんたちもすぐに大きくなることでしょう。 今のこの時をめいいっぱい楽しんでくださいませね。 
Posted by 美月 at 2012年02月05日 05:21
美月さん、こんにちは。5人のお子さんですか!にぎやかな事でしょうね。

我が家も、子供たちが立派に巣立つことができるように頑張りたいと思います。

美月さんのご家庭に多くの祝福がありますように。
Posted by kei at 2012年02月08日 21:24
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。