2012年01月22日

真の父母の息子、娘という事を証明する玉璽


明日は、天歴の1月1日、真の神様の日であると同時に

真のご父母様の完成期レベルでの御聖婚式という事で、

各教会、家庭で準備をしている一日かと思います。

日々の雑事に追われながら、果たしてどれだけこの

歴史的な天の祝日を 共にお祝いしてゆこうと

備えを成している自分なのかと悔い改めさせられます。

少しでも内的に備えを成そうと、

「TODAY’S WORLD JAPAN 天歴11月号」 の

お父さまのみ言葉を拝読しました。(「祝福の日、栄光の日」)



『真の両親の結婚式の日に、

サタン世界卒業証書の上に出生申告をして

真の父母の息子、娘という事を証明する玉璽(ぎょくじ)を

神様から私が受け取って作り、

皆さんに渡してあげないといけないのに、

誰が受けるのかということを決定することができていません。』

(*玉璽……皇帝が用いる印章のこと)

2110140595_56b17541_2006111725.jpg



真のご父母さまの完成期レベルの祝福の時を迎えながら

共にその祝福を受ける 真の息子、娘が居ない、という

お父様の恨の心情を感じました。



自分自身を見れば、

天福函を授かっているわけでもないし、

430冊の自叙伝配布や、

210代の先祖解怨もできていない……。


そんな自分が、「真の息子、娘」になれるとは

ユメユメ思ってもいませんが、

その心情においては、目指してゆかないといけない。


少なくてもDデイまで、あと一年を残しているので

それまでの期間に、真の息子、娘という基準に

なれるよう、努力はしていかないといけないと

強く感じさせられました。

応援して下さりありがとうございます。(^0^)
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 統一教会へ
posted by kei at 18:10| 東京 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 心に残るみ言葉 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/247843078
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。