2011年06月17日

感動的な詩「天国の特別な子供」

「天国の特別な子供」という詩があります。

米ペンシルバニア州にあるマクガイア・ホーム(障害児療育施設)のシスター
をしていたエドナ・マシミラさんが作ったものだそうです。

我が家のように、ダウン症の子供を持った親にとっては、
心に染み入るようなメッセージです。

天宝会に対する文亨進世界会長のみ言葉にも
相通ずる内容です。

以下転記させて頂きます。
(JDS日本ダウン症協会 発行の「この子とともに強く明るく」より)

--------------------------------------------------

天国の特別な子ども

会議が開かれました。

地球からはるか遠くで

“また次の赤ちゃん誕生の時間ですよ”

天においでになる神様に向かって 天使たちは言いました。

“この子は特別の赤ちゃんで たくさんの愛情が必要でしょう。

この子の成長は とてもゆっくりに見えるかもしれません。

もしかして 一人前になれないかもしれません。

だから この子は下界で会う人々に

とくに気をつけてもらわなければならないのです。

もしかして この子の思うことは

なかなか分かってもらえないかもしれません。

何をやっても うまくいかないかもしれません。

ですから私たちは この子がどこに生まれるか

注意深く選ばなければならないのです。

この子の生涯が しあわせなものとなるように

どうぞ神様 この子のために

すばらしい両親をさがしてあげてください。

神様のために特別な任務をひきうけてくれるような両親を。

その二人は すぐには気がつかないかもしれません。

彼ら二人が自分たちに求められている特別な役割を。

けれども 天から授けられたこの子によって

ますます強い信仰を

より豊かな愛をいだくようになることでしょう。

やがて二人は 自分たちに与えられた特別の

神の思し召しをさとるようになるでしょう。

神からおくられたこの子を育てることによって。

柔和でおだやかな二人の尊い授かりものこそ

天から授かった特別な子どもなのです”

Edna Massimilla
(大江祐子訳)

応援して下さりありがとうございます。(^0^)
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 統一教会へ
posted by kei at 13:24| 東京 ☔| Comment(2) | TrackBack(0) | 障害児・2世教育 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
初めまして。
天宝会を検索していてこちらに出会いました。

うちにも1歳3ヶ月のダウンちゃんがいます。

産後すぐの時、どう受け止めていいのか整理がつかない時に、
この詩にずいぶんと励まされました。

今では、我が家は神様から特別な使命を任されている、と思っています。


それから、子供が親を選んで生まれてくる、という話がありますよね?
(実際にはどうなのかわからないですが・・・)
それも、我が子に「よくぞうちを選んでくれた!」と誇りに思っています。


色々と複雑な思いをすることはまだまだありますが、
お互い頑張りましょうね、、、(^^)。
Posted by あやたん at 2011年09月10日 23:35
あやたんさん、当ブログに訪問いただきありがとうございます。
いろいろと苦労はあるかと思いますが、お互い頑張ってゆきましょう。
2世の障害の問題については、かつては親自身も教会内で肩身の狭い思いをしたこともありましたが、今は世界会長自ら天宝会に対して多くの意識と関心を注いでくださっており、時代が変わったなと感じています。
Posted by kei at 2011年09月12日 14:33
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/210329293
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。