2011年05月16日

我が家の「母の日」の証し



昨日は、所属教会の区域礼拝で、近所の小石川植物園へ
家族で行きました。

礼拝といっても、家族同士の交流会のような形で、
各家族毎に、「家庭での証し」を順番に発表しあいました。

理想家庭による天国実現を目指す我が教会なのですから、
まずお互いの家族同士で交流し合うことは大事です。

また、普段の礼拝のように、一方的に説教を聞くだけでなく、
こういった「証し会」を通じて、いつもとはまた違う恩恵を
受けるものです。

先輩家庭の訓読会の証しの中で、

み言葉は、神様のみ言葉だから、
訓読するその場には、神様がまさにその場に
おられるのである

というお話をを聞きながら、訓読会に対する
絶対的な確信の世界が、素晴らしいなあと感動しました。


我が家庭は、先週の「母の日」での証しをさせて頂きました。

毎年、母の日には 私の実家と妻の実家に花を贈るのを
習慣にして10年以上になります。
毎年必ずお礼の電話が来るのですが、こうして自分が家庭を持って
幸せに過ごせるのも、自分を生んで育ててくれた母があってのこと。
そんな気持ちを少しでも伝えられたらと思います。

そんな中、驚きだったのは 我が家の長男が、
自分の小遣いでプレゼントを買って、
お母さんに手紙を書いて用意していたことです。

もちろん、私が指示したわけでもありません。
思わぬ長男の気遣いに成長を感じ、
夫婦共に感動しておりました。

長男も10歳になり、これから反抗期も迎えるだろうけれども、
いつまでも純粋な気持ちを持ち続けていって
欲しいと感じた次第です。

応援して下さりありがとうございます。(^0^)
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 統一教会へ
posted by kei at 09:43| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 家族の情景 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。