2011年05月08日

なぜ天歴の時代は、「旧暦」を使うのか?



今日の教会長の説教の本題ではないのですが、
なぜ天歴の時代を迎えて「旧暦」をもとに名節や敬礼式を
行うのか?ということについてふれていました。

昼の神様=真のご父母様 と
夜の神様=神様

が、一体となる本然の時代を迎えて、より主体である
「神様」を中心とした時代を迎えるようになったので、
夜=月の満ち欠けを元にした陰暦(旧暦)を用いるように
なったのだそうです。

tuki.jpg

理由を改めて聞いて、へぇ〜と改めて関心いたしました。

ところで明日は「安侍日」ですね。
今日は、早く寝て備えたいと思います。

応援して下さりありがとうございます。(^0^)
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 統一教会へ
posted by kei at 18:24| 東京 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 礼拝の恩恵 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/199928997
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。