2011年04月19日

「霊界の実相と神様のみ心を知って生活しよう」


「霊界の実相と神様のみ心を知って生活しよう」という説教の内容でした。
いくつか印象に残った話としては、


霊界の実相を知って生活をしないといけない。

霊界には厳格な法度があり、神様でさえも関与できない。

地上では、お金や地位、権力を握ったものが自由になれるが、
霊界では、その人自身の生き方そのものが霊界での姿になる。

たとえ国や世界のため、他人のために素晴らしい事を
やっていても
その一つ一つの行動が善行でなければ、霊界では引っかかる。

自分の父母だけ、自分の子女だけ愛していたのではだめ。
神様の愛する人類全体を愛すること。
まずは、隣にいる他の家庭のことも愛すること。



目に見える現実を中心として生活することが多いのですが、
永遠の命、霊界という事を意識して生活しないといけないと改めて感じました。


応援して下さりありがとうございます。(^0^)
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 統一教会へ
posted by kei at 13:59| 東京 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | 礼拝の恩恵 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/196587544
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。