2011年03月14日

災禍の中 自然の姿に学ぶ


東日本を襲ったマグニチュード9.0の地震は、
今なお被害の全容が掴めずにいますが、
今朝がたの報道によれば、犠牲者は「万人」規模に
なることは、必至だとの事。

被災者の方達の事を思うと胸が痛み、
普通に生活できていることが、申し訳ないほどです。

犠牲者の方達のご冥福をお祈りすると共に、
早く行方不明の方達が救助されますように、
そして今なお、不眠不休で被災地の人命救助に
あたっている方達の健闘を願ってやみません。


我が家では、金魚の水がこぼれた位で、幸い家族にも
家屋にも何も被害はありませんでした。

ただし、こちら東京でも、今なお余震が続き、
大きな混乱は無いまでも、
スーパー、コンビニでは、生活必需品の
品不足が続いています。

批判めいた事をいって申し訳ないのですが、
近所のスーパーで両手いっぱいに
カップラーメンやパン、トイレットペーパーなどを
買い込んでいる人を見ると、
どんなものかと思ってしまいます。

一部の人達が不要に買い込んでしまえば、
正常に流通があっても、
一時的に棚から商品が無くなってしまい、
無用な混乱を招きかねないように思うのですが。


ところで、我が家の金魚たちは、
3/11の地震を前後して
ほとんど動かずじっとしたままで、
エサを欲しがろうともしません。

自然界の動物は、身の危険を察知すると、
災禍が過ぎ去るまで
その場でじっとしているものなのでしょうか。

あわてて生活用品を買い込んで、
生き延びようとする人間に比べて、
自然界の動物の方が、天地の理にかなった
生き方をしているように見えてなりません。

(我が家は、飲料水20リットルと、
自然塩、お米は、普段から備蓄してあります。
とりあえず、水と塩があれば1週間は生きられるます。)

PS)偉そうなことを言っていますが、私もあわてて
 トイレットペーパーだけは買っておきました。σ(^_^;)

応援して下さりありがとうございます。(^0^)
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 統一教会へ
posted by kei at 11:46| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 自己啓発 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。