2010年11月29日

果たして何が正しい情報か


当ブログも加盟している日本ブログ村の「統一教会」
カテゴリーに登録されたブログが、220を超えるに至りました。
同じ統一教会員のブログ仲間が増えたということは
うれしい限りです。

日本ブログ村.jpg

ところが、どうも最近気になるのは、このブログ村ランキングで
上位に位置するブログのリンク先が、統一教会批判ブログだったり、
人気記事ランキングに、
「文亨進世界会長が六マリア云々を認めた」だとかいう
ものが上位にあったりする、ということ。

昨日も、ブログ村のいろいろなブログを回遊しているうちに、
上記の記事にぶち当たり「なんじゃこりゃ?」という感じでした。

大多数の食口は、ブログを通じて善なる情報発信をしている
というのに、一部の反対派だか元食口だか良く分からない
人たちの活動は誠に残念でなりません。

例の人気ブログのリンク先ブログでは、
11/18のお父様の訓読会で、文亨進世界会長とお母様が
ひどく叱責されたとありますが、
世界宣教本部から出された公式文書と照らし合わせて
読んでみると、この内容もかなり事実を捻じ曲げて
書いているもようです。

「六マリア云々」に関しては、もはや低俗なワイドショーレベルの
話なので、取り上げる気にもなりません。

ブログというのは、個人で簡単に情報発信できるツールだけに
果たしてそれが、何を元にした情報なのか、良く峻別して見る
目を持たないといけない事はいうまでもありません。

今はインターネットを通じて、実に様々な情報が簡単に
得られるようになりましたが、
殊に教会の摂理の情報や、真のご家庭に関する情報は、
所属教会や光言社からの出版物、等々、正規のルートから
来るもののみに、意識を向けないといけないなと
再度確認させられた次第です。

応援して下さりありがとうございます。(^0^)
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 統一教会へ
posted by kei at 18:27| 東京 ☀| Comment(3) | TrackBack(0) | 食口のブログ紹介 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
「所属教会や光言社からの出版物、等々、正規のルートから来るもののみに、意識を向けないといけない」アージュ
Posted by 李一穂 at 2010年11月30日 20:27
正しい事は何でしょう?韓国でも、六マリアの事は話題になっているようです。事実としても、意味がある事でしょうから。嘘で固められたきれい事よりマシです。
Posted by at 2010年12月01日 00:09
イエス・キリストを十字架に磔にした蕩減が、近代ユダヤ民族600万人の虐殺だったなら、来たりたもうた再臨主を不信する情報を発信している〈祝福家庭〉に審判はないのでしょうか?
連帯罪をこれ以上増やさないように、よくよく自重したいものです…。
Posted by 紫の花 at 2010年12月01日 11:37
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/171166283
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。