2010年11月21日

天運(福)を落とさないようにする生活

先週は、夫婦で大母様の一日セミナーに参加し、
大きな恵みを受けました。

地区長と大母様のみ言葉の中で、こんなことを言われていました。

「皆さんは、今日大きな天運を頂きましたから、
 どうぞそれを途中で落とすことがないように
 くれぐれもお気を付け下さい。」

天運(福)を落とさないようにする、とはどういうことなのでしょうか?

大母様は、「血気怒気、恨み、嫉妬の思いを持たず、愛の心を持って
為に生きること」と言われていました。

自分は、人からは穏やかで落ち着いているように
見られるのですが、割と小さなことでひどく
腹を立てることがあります。
先週も、仕事で部下があるミスをおかして、
えらく腹を立ててしまい、あとで悔い改めました。

自分の部下や子供を叱るにしても、根底に「愛の心を持って」
しなければ、ならないなと、感じます。

応援して下さりありがとうございます。(^0^)
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 統一教会へ


posted by kei at 17:38| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 心に残るみ言葉 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。