2010年08月25日

メスを呼び寄せるセミの鳴き声

「処暑」を過ぎても、変わらず猛暑が続いております。

東京の熱帯夜日数の記録は、1994年の47日だそうですが、今年は既に40日を越え、この分ですと過去最も暑い夏になりそうです。寝苦しい毎日ですが、氷枕と扇風機でしのぐ今日この頃です。

さて、学校の夏休みもあとわずか。
我が家でも、小学校4年の長男の尻を叩いて、宿題の仕上げをさせています。

悩んだのは「自由研究」ですが、本人が昆虫が好きで、道端や自宅のベランダなどから、セミの死骸を集めてくるものですから、「セミ」を研究テーマにしました。

図鑑で調べてみると、茶色の羽を持つのがアブラゼミ、透明な羽にまだら模様の体を持つのがミンミンゼミでした。

成虫のオスのセミのお腹には、腹弁と呼ばれる発声器の一部があり、独特の鳴き声を出します。大きな鳴き声で鳴くのは、オスのセミで、あれは、メスを呼び寄せている声なのですね。

夏の風物詩とも言えるセミの鳴き声ですが、そう思って聞いてみると、1ヶ月という短い成虫期間の中で、子孫を残すために、必死に鳴いているようにも聞こえます。昆虫の世界も、調べてみると実に面白いものです。

いろいろ 201008 003.jpg

*我が家のベランダに舞い込んできたアブラゼミです。


応援して下さりありがとうございます。(^0^)
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 統一教会へ
posted by kei at 20:31| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 家族の情景 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/160565834
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。