2009年09月03日

「神風特攻隊」の貴重映像

9月を迎え、朝夕は随分と涼しくなり、
秋らしくなってきました。

先月は原爆の日に、終戦記念日、それからお盆
も重なって、戦没者や先祖に思いをいたす機会
の多い月でした。
 先日、とある一般の保守系団体の会合に参加
した際、ゲストで招かれた男性が、歌っていた
「close your eys」(クローズ・ユアー・アイズ)
という曲に、妙に心揺さぶられるものがありました。

作詞・作曲・長渕剛で、映画「男たちの大和」の主題歌です。

 翌日、パソコンからyou tube で、その
「close your eys」を聴いたのですが、
神風特攻隊の貴重映像と重なった動画がありまして、
「今まで育ててくれてありがとう」と母親に宛てられた
手紙等々、一人で観ていた私は、ボロボロ涙がこぼれて
来てしまいました。

 何も戦争を美化するつもりは無いのに、この映像を
見て流れる涙ってなんだろう?
日本人としてのDNAが、彼らに共感させられるの
だろうかと、我ながら考えました。

人として最も崇高な行為は、公の為に、自らの身を
省みず犠牲にしてゆくことでなないだろうかと思います。

「お国を守るためと」、敵艦へと特攻していった
二十歳にもならない若者達。

彼らは、単に時代の流れに翻弄されただけで、
祖国のために命を捧げようという崇高な思いだけ
では無かったのかもしれない。

しかし、今日の平和な日本の礎に、彼らような
犠牲があったということは、忘れてはならない
と思います。

 なお、9.11テロの際に、旅客機で世界貿易センタービル
へ突っ込んでいったテロリストの事を、
「カミカゼ・アタック」と称した海外メディアがありました
が、民間人を巻き込んでのテロ行為と、軍事作戦上での
「神風特攻隊」とは、本質的に異なるものである
ことを記しておきます。

*以下のホームページより視聴下さい。
 事前にハンカチのご準備を。 >> you tube
posted by kei at 16:34| 東京 ☁| Comment(1) | 平和への願い | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
モノクロ映像なのに空の青さが目に焼きついて消えません。
見終わったあとしばらくなにも手につきませんでした。
ありがとうございました。
Posted by hirose at 2009年09月03日 20:01
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。