2012年01月26日

お母様の古稀を祝した雪


真の神の日 おめでとうございます。


天基3年1月1日(陽暦1月23日)は、

23日は、東京都心では6年ぶりに

4センチの積雪になりました。

今週は、全国的に大雪が続いています。


yuki.jpg


雪国の人達からすれば笑われそうな話ではありますが、

東京では、たかだか4センチの雪でも

交通が混乱し、転倒してけがをする人や、

車のスリップ事故が多発します。


実際、通勤中に 私の目の前でトラックがスリップし、

ガードレールに乗り上げていました。

一歩間違えば、こちらも巻き添えを食らうところで、

冷や冷やでした。


さて一方で、久しぶりに雪を見た子供達は、

前日の夜から大騒ぎ。

でも、そんな子供達の姿を見ながら、

雪は「神の祝福」と以前聞いた事を思い出しました。

確かに 屋根も道路も真っ白になった姿は

神様が清め 祝して下さっているようにも見えます。

天基3年の出発と真のお母様の古稀を

天が祝福しているのだなあ、としばし感慨にふけりました。


食口のブログを読んでいて改めて気が付いたのですが、

23年前のお父様の古稀のお祝いの時も

日本は大雪でした。

こんなところにも、天の配剤を感じますね。


応援して下さりありがとうございます。(^0^)
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 統一教会へ
posted by kei at 20:44| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 家族の情景 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。