2012年01月11日

壁紙をやぶった次男


我が家の次男君が、家の壁紙を破ってしまいました。

彼は、もうすぐ10歳ですが、ダウン症の障害児なので

知能は3歳児程度です。

我が家は賃貸マンションで、入居からすでに10年目なので、

畳や壁紙などあちこちが痛んできました。

彼にとって、壁紙や障子の穴が開くと

そこに指を突っ込んでみたくなるようで、

昨日までは小さな穴だったのが、翌日には

「大穴」になってしまうのです。

昨日は、40センチくらい派手に破いてしまいました。

まったく「やれやれ」といった感じです。

神経質だった私も、次男のお蔭で随分

心が広く(?)なってしまいました。

頭ごなしに怒らないで、本人を呼んできて

その大きな穴を見させます。


私「これを破いたのは、おまえか?」

次男「うん」

私「本当におまえがやったのか?」

次男「やったよ。」

私「これは、いいことなのか?」

次男「はめ〜っ。」(ダメ〜)


あまりにもあっさり認めたので、夫婦共に大笑い。

普通なら怒られるところで、周りを笑わせてしまうのは、

彼の人徳というか、キャラクターゆえかもしれません。

次男のように、神様の前に素直な自分でありたいと

思わされた次第です。


応援して下さりありがとうございます。(^0^)
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 統一教会へ
posted by kei at 21:15| 東京 ☁| Comment(2) | TrackBack(0) | 家族の情景 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。