2012年01月14日

子供を失った父親の悲しみ




今日は、ふとある事から、14年前に兄が癌で

急死した時の事を思い出しました。

享年34歳。独身。


大学の工学部の助手をしていた兄は、

将来を嘱望されていた優秀な兄でした。


兄が亡くなった時に、私が衝撃を受けたのは、

両親の悲しんでいる姿でした。


お通夜の晩、

「わしの方が、先で癌で死んだ方がよっぽど良かった……」

と、兄の亡骸(なきがら)を前に、

普段 冷静で物静かな父親が泣いていたのが、

当時の私には衝撃的でした。


この世の親でも、子供が死ねば

自分が代わってやりたいと思う。



ましてや、お父様はどうであったか?

祝福家庭の罪を救うために、5人ものご子女様を

犠牲にされたお父様。


イエス様は、人類を救うために 十字架に掛かって

ご自分の命を犠牲にされたが、

お父様は、我々を救うために 自分の命以上に尊い

ご自分の子女様を捧げられた。


そのご心情を思うと、何とも申し訳ない、

気持ちで一杯になった。


応援して下さりありがとうございます。(^0^)
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 統一教会へ
posted by kei at 19:05| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 家族の情景 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年01月12日

誕生日に感じた神様の愛

昨日は、私の誕生日でした。

10代で原理を聞いて、20歳で献身した私も、

いつの間にか40半ば。

小学生3人の子持ちのオヤジです…。

DSC01596 - コピー.JPG


うれしい事に、妻が手作りでケーキを焼いてくれ、

子供達が手紙を用意してくれました。

DSC01600 - コピー.JPG


「おとうさん、おめでとう。

これからもしごとがんばてね。

お誕生日おめでとうございました。」


誤字脱字に思わず、苦笑い。

でもうれしかったです。



応援して下さりありがとうございます。(^0^)
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 統一教会へ
posted by kei at 19:27| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 家族の情景 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年01月11日

壁紙をやぶった次男


我が家の次男君が、家の壁紙を破ってしまいました。

彼は、もうすぐ10歳ですが、ダウン症の障害児なので

知能は3歳児程度です。

我が家は賃貸マンションで、入居からすでに10年目なので、

畳や壁紙などあちこちが痛んできました。

彼にとって、壁紙や障子の穴が開くと

そこに指を突っ込んでみたくなるようで、

昨日までは小さな穴だったのが、翌日には

「大穴」になってしまうのです。

昨日は、40センチくらい派手に破いてしまいました。

まったく「やれやれ」といった感じです。

神経質だった私も、次男のお蔭で随分

心が広く(?)なってしまいました。

頭ごなしに怒らないで、本人を呼んできて

その大きな穴を見させます。


私「これを破いたのは、おまえか?」

次男「うん」

私「本当におまえがやったのか?」

次男「やったよ。」

私「これは、いいことなのか?」

次男「はめ〜っ。」(ダメ〜)


あまりにもあっさり認めたので、夫婦共に大笑い。

普通なら怒られるところで、周りを笑わせてしまうのは、

彼の人徳というか、キャラクターゆえかもしれません。

次男のように、神様の前に素直な自分でありたいと

思わされた次第です。


応援して下さりありがとうございます。(^0^)
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 統一教会へ
posted by kei at 21:15| 東京 ☁| Comment(2) | TrackBack(0) | 家族の情景 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。