2011年11月10日

次男の障がい者手帳の更新



先日、仕事を休んで次男(9歳)の

愛の手帳(東京都で発行する知的障害者手帳)の

更新手続きへ行きました。

image005.jpg


結果は、2年前の判定の時と同程度のIQで、

3度(中度)の知的障害という結果でした。


担当の医師によれば、小学生の頃には、年齢が上がっても

なかなか知能が進歩せず、IQが後退する傾向があったり、

そう・うつ、自閉、強迫観念などの心身障害が出てくる子も

いる中で、

「とても順調に成長しておられますね」という評価でした。



実のところ、学習面では なかなか進歩が見られず、

今だに ひらがなも 数字も理解できないことに

夫婦共にあせりを感じていたのですが、

「順調に成長している」というのは意外な評価でした。



ダウン症に関しては、症状や発達の進度は個人により

千差万別であり、他人との比較でどうこう言えるものでは

ないのですが、我が家の次男くんは

先生やお友達との関係も良く、喜んで学校へ通えているので、

とにかく成長をゆっくりと見守ってゆきたいと思いました。



情緒が安定していること、

そして先日の運動会の時の記事のように

何事にも意欲的に取り組む事ができているのは、

曲がりなりにも 家族仲が良くて 

周りからも良く愛されているからなのかなと、

感じました。


とりあえず、家族仲が良いのは我が家の自慢なので……。

\(○^ω^○)/



応援して下さりありがとうございます。(^0^)
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 統一教会へ
posted by kei at 20:58| 東京 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 家族の情景 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。