2011年09月20日

昇華式での証し

先週は、同じ教会の先輩家庭の婦人の昇華式があり、参加させて頂きました。

もちろん、病気でお亡くなりになったことは悲しいことなのですが、友人(食口)からの証しが感動的でした。

亡くなる前に、本人が話していたそうです。

自分がガンになって良かったことが一つだけある。
それは、夫との長年の心のわだかまりが解けて
ようやく一つになれたこと。
今は、夫のことが心から慕わしいし、恋人のように思える、
と話されていたそうです。

祝福家庭の夫婦愛ってすごいなあ、と思いました。

夫婦一体となったところに神様が臨在されるといいますが、そのような家庭を目指したいと思います。

13年前に、実兄をガンで亡くした時もそうでしたが、身近な人が亡くなるといろいろな事を考えさせられます。

亡くなられた婦人のご冥福をお祈りするとともに、地上で歩む者としての使命を新たに感じました。

応援して下さりありがとうございます。(^0^)
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 統一教会へ
posted by kei at 11:51| 東京 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | 家族の情景 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。