2011年09月08日

「週刊文春」の統一教会報道には笑っちゃいます。


既にご存知の方も多いかと思いますが、9月8日号「週刊文春」に、統一教会批判記事が掲載されました。

文春 9月8日号.JPG

記事を書いたのは、長年、反対派ジャーナリストとして活動してきた石井謙一郎氏です。

買って読む気は無かったのですが、知人が持っていたので、読ませて頂きました。

内容としては、既にネット上に反対派が流しているデマ情報を繋ぎ合わせて作った記事という印象で、特に目新しいと思える内容はありませんでした。

現役信者の私から言わせてもらうと、「何これ?笑っちゃうよ」という程度のものです。

賢明な信者の皆さんが、週刊誌の報道程度で信仰がゆらぐようなことはありえないと思いますが、統一教会の公式HPに、記事に対する抗議文が掲載されていますので、是非それを読んでみて下さい。

>>統一教会公式サイト

そもそも週刊誌というのは、中身の信ぴょう性など二の次で、扇動的な見出しを付けて買ってもらえればそれでOK,という成り立ちのメディアなのです。

政治家でも芸能人でも、週刊誌から叩かれなくなったらその人はもうおしまい。そういう意味では、統一教会には、まだまだ力があると見られているのでしょう。

とはいえ、内容の間違いについてはしっかり謝罪して欲しいですね。


応援して下さりありがとうございます。(^0^)
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 統一教会へ
posted by kei at 20:23| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 統一運動ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。