2011年01月09日

訓読会の恩恵


家族全員で、所属教会の礼拝に参加しました。

教会長の説教の中で、訓読会の恩恵について
語っておられたのが印象的でした。

お父様のみ言葉には、お互いの心の境界を崩し、
一つにする霊的な力があるそうです。

ですから、訓読会も自分一人でやるよりは
家族全員がそろって行うことによって、心が一つになり、
お互いの様々な課題・問題が解決される方向へ
導かれるのだそうです。

我が家では、訓読会は夫婦で生活時間が違うので、
(私は早朝から仕事のため)
それぞれやれる時間帯に各自で行っていましたし、
その場に子供が一緒に参加する、ということは
今までありませんでした。

我が家庭も、いろいろな課題や問題は抱えていますが、
「訓読会の伝統を立てる」ところに、何か解決の方法が
あるように感じ、
今年は、家族でそろって訓読の時間を取ることを、
決意させられました。

あと、教会長が語られていて印象的だったのは、

訓読会を行うことによって、
「唯一・絶対・永遠であるみ言葉に侍った」
=「神様に侍った」という条件が立つので、
その家庭にサタンが入れない、という道を
お父様が開かれた、という内容でした。

み言葉は素晴らしくても、それを実践することは
簡単ではありません。

お父様は、メシアとして万民救済の道を開くために、
訓読会の伝統を通じて、サタンを退けることが
できるようにする道を開拓された、というのです。

頂いた尊いみ言葉を、「宝の持ち腐れ」にしないように
していかないといけないと思います。


応援して下さりありがとうございます。(^0^)
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 統一教会へ
posted by kei at 17:42| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 礼拝の恩恵 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年01月08日

娘への卒園お祝いのメッセージ


年が明けたばかりですが、既に娘の保育園では
卒園アルバムの作成に取り掛かっています。
それぞれの子に、
「保護者の方からのお祝いのメッセージ」という
欄があり、原稿を頼まれました。

夜、思いついたようにサッと書いたのですが、
今までの娘に対してのいろいろな思いが想起され、
思わず胸が熱くなってしまいました。

以下転記します。
(客観的にみれば、単なる親バカのおやじです)

---------------------------------------------


なっちゃんへ

卒園、おめでとう。
この前まで赤ちゃんだったなっちゃんが、もう小学生になるんですね。
本当に、長いようで短い6年間でした。

生まれた時は、とにかく口を大きく開けて良く笑う赤ちゃんで、
これといった病気もなく、すくすくと育ってくれました。

生まれた時は、普通くらいの背丈だったのですが、
3歳くらいから、スーッと背丈が伸びてクラス一のノッポに。
足も大きくて、良く食べるなっちゃん、
そのうちお父さんと肩を並べるようになるのかな…。

なっちゃんのいいところは、コツコツ努力家で、
頑張り屋さんのところです。
最初はぜんぜん飛べなかった縄跳びも、一生懸命練習して、
運動会で上手に飛んでいる姿は、お父さん、お母さんも
見ていて涙がでるくらい、誇らしかったです。

元気いっぱいのなっちゃんですが、少し恥ずかしがりなのが
たまに傷かな。
子供だから、どんどん失敗してもいいんだよ。
これからも、いろいろな事に挑戦して、沢山の経験をして
大きくなっていって下さい。

なっちゃんなら、大丈夫です。

それからお兄ちゃんは、生まれつきの障害があって、
なかなか成長できないけど、恵まれない立場にある人にも
思いやりを持って接することができる広い心を持つ
女の子になってね。

甘えんぼで、今でも寝るとき、お父さんにムギューと
くっ付いてくるなっちゃん。

お父さん・お母さんの自慢の娘です。

応援して下さりありがとうございます。(^0^)
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 統一教会へ
posted by kei at 21:47| 東京 ☀| Comment(2) | TrackBack(0) | 家族の情景 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年01月03日

我が家の子供たちの健康の秘訣??

新年 あけましておめでとうございます。
このブログをご覧の皆さんにとって
素晴らしき一年となりますよう、お祈りいたします。


皆さんは、年末年始いかが過ごされたでしょうか。

私は、月並みですが、近所の神社へ家族で初もうで
へ出かけたり、たまの機会に回転寿司を食べにいったりしました。

帰りに子供達が公園で遊びたがるので、3人で
勝手に遊ばせながら夫婦でベンチに座って談笑しました。

東京のお正月は、連日晴天続きで、おだやかな天気です。
程よい寒さの風が、かえって心地よかったりします。

忙しい普段の喧騒を離れ、実に平和なひとときです。


ところでいつも思うのですが、最近は外で駆けずり回っている
子供達の姿をめっきり見なくなってきました。
みんな、こういう日はどこで何をしているのでしょうか?
(自宅で、TVゲーム?)

我が家の子供たちは、本当に元気なのが取り柄で、
去年は1回も学校も欠席しませんでした。
時々、風邪は引いていますが、何日も寝込む事もないし、
アレルギーの傾向もありません。

天の加護を感じますが、案外、外でいつも駈けずり
回っているのが、子供にとって健康に一番
いいのかもしれません。

今日は、この寒いのに3人、裸足になって砂場で
遊んでいました!
ちょっとこれには、驚き。

子供ってどうして寒さを感じないんですかね?
ちなみに、自分は厚手のズボン下と
ヒートテックの肌着を着てフル装備でした。

応援して下さりありがとうございます。(^0^)
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 統一教会へ
posted by kei at 18:43| 東京 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 家族の情景 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。