2010年11月12日

ネットワークビジネスは、食口向きでない


先日、以前一緒に歩んだメンバーから電話が来ました。
懐かしくていろいろと話したのですが、途中から話の内容が
変わってしまい、
「経済基盤になるから一緒にやらないか?」
という話になりました。

なんの事はない、ネットワークビジネスの勧誘です。

mlm.gif

私はこの手のネットワークビジネスの話はいい加減に
あきあきしているので、彼の顔をつぶさない程度に
やんわりとお断りをしました。

以前、本部からの通達でも、教会員内でのネットワーク
ビジネスは禁止、ということを聞いたことがあります。
それだけ、苦情が本部にも来ているということなのでしょう。

私も10年ほど前に、あるネットワークに誘われて「はまった」
ことがあり、痛い思いをしました。
あたかも、自然な形で商品の愛用者の輪が広がり、
リベートもどんどん入ってくるような話でしたが、
現実はそんなに甘いものではありませんでした。

当時、私は頑張って10名くらいのメンバーをその
ネットワークに加入してもらい(半分くらいは教会員)、
ボーナスも少々頂きましたが、長続きはしませんでした。

実際、同じE社のネットワークビジネスで、高収入を
得ていたのは、ごく一部のリーダーだけで、ほとんどの
メンバーは小遣い程度のボーナスを得るために、自分で
商品を買い込んでいました。

特に教会員にビジネスを紹介すると、当然教会員同士の
グループが出来てゆきます。

度重なるミーティングや泊まりがけのセミナーなどに
参加しているうちに、教会の集会よりもネットワーク
ビジネスの集会を重要視してくるメンバーがでてきたり、
アベルに嘘をついて礼拝を休むメンバーも出てきて
しまいました。

ネットワークビジネスの世界にはまりこむと、
統一教会員の場合は、教会長・区域長を中心とした組織体制を
崩壊させる危険性があるように思います。

特に借金をしてまで商品を買い込むようになことは、
絶対に避けるべきと思います。

もっともこの手の会社の商品は、良質なものであれば、
愛用者として商品を使う分には、別に構わないと思います。
実際、我が家では、E社の台所用洗剤は今も使い続けています。

以下のホームページ>>

MLM・ネットワークビジネスの真実」に書かれている事は、
ほぼ9割方合っています。
ネットワークビジネスは、統一教会員というか、日本人
そのものに不向きなビジネスだと私は思います。

応援して下さりありがとうございます。(^0^)
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 統一教会へ
posted by kei at 20:01| 東京 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 自己啓発 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。