2010年09月13日

家庭的四位基台によって守られる


日曜日の礼拝で、「イエス路程」についての講義を受けました。

原理講義を受けたのは実に久しぶりで新鮮でした。
もともと、これを聞いて復帰されたわけですから、原点に返らされるように感じます。

講義の中で、イエス様が、家庭的四位基台を築いていたならばサタンの攻撃を受けて命を奪われることは無かったという話が印象的でした。

これは、我々祝福家庭においても同様で、妻と子、という家庭的四位基台をしっかりと築いていればサタンから霊的に守られるというのです。

そう考えると、共にいる妻と子供に本当に感謝です。家族によって、自分が生かされていると、実感するからです。

今日は、夜の祈祷会の後に、妻と子供一人一人を抱きしめてやりました。妻は、目を白黒させていましたが、子供たちは、とてもうれしそうでした。

応援して下さりありがとうございます。(^0^)
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 統一教会へ
posted by kei at 06:48| 東京 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 礼拝の恩恵 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。