2010年08月19日

神様に生かされている次男


平日の昼間でしたが、次男を都立O病院の眼科へ
連れてゆきました。
いつもは妻が連れて行っているのですが、
たまたま急に仕事が入ってしまい、私が
連れて行くことに。

2時間かかって、視力検査をしたのですが、
とりあえず今の眼鏡で合っているとのことで、
視力も徐々に成長してきていると聞いて
ホッとしました。

実はこの都立O病院は、次男が生まれた病院です。
生まれた当時は、お腹に腹水が溜まった状態で、
NICU(新生児集中治療室)に入っていたので、
毎日、毎日見舞いに通ったものです。

保育器に入れられ、点滴を刺された痛々しい姿に、
「この子は一体どうなってしまうのか?」
と、途方にくれた記憶があります。

当初、3ヶ月は入院と聞いていたのですが、
「予想以上に元気だし、腹水も抜けて
ミルクも良く飲むから」と担当の先生に言われ、
すぐに普通の小児病棟へ移されました。
結局、3ヶ月入院どころか、2週間で退院してきました。

あれから8年、今は病気知らずで実に元気に
学校へ通っています。
まさに神様に奇跡的に生かされているとしか思えません。

あの日から8年半たったのか……と思うと、今日は
何とも感慨深いものがありました。

応援して下さりありがとうございます。(^0^)
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 統一教会へ
p_nicu.jpg
NICUって、こんな感じのところです。

posted by kei at 21:01| 東京 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 家族の情景 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。