2010年08月14日

誇らしく感じた次男の姿


先日、次男(ダウン症)の通っている学童保育にて
「子供オンステージ」という発表会がありました。

201008 子供オンステージ.jpg

これは、区内の児童館対向で、出し物を行う夏休みの
恒例行事です。

出し物の内容は、歌や踊り、楽器演奏、はては一輪車や
マリつき、コマ回しなどなど。

時には、子供がここまでやるか!と驚くような曲芸を
見せてくれる児童もいます。

今回、次男が出場したのは、「マイケルジャクソン・ダンス」。
耳慣れたヒットナンバーをバックに、
リズミカルに踊っている姿に、微笑ましく感じました。
(ちなみに、次男以外の子は、障害児ではありません。)

ちょうど、上京していた私の両親も一緒に観てくれたのですが、

「自分から進んで出場したなんて凄い、じゃないか」

と、終わったあとで、エラく感動してくれました。

たとえ障害があっても、「頑張っている姿」は、
人を感動させるものです。
両親が喜んでくれた姿を見て、次男を誇らしく感じました!!(^0^)応援して下さりありがとうございます。(^0^)
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 統一教会へ
posted by kei at 19:30| 東京 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 家族の情景 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

「忙しい」という字は、「心を忘れる」

長男が4年生になって学童保育も卒業したので、
夏休みともなれば一日中、家に長男が居ます。

自分の場合、半分くらい自宅で仕事をしているのですが、
仕事優先で長男の事はほったらかしてしまいがちなので、
彼は一人でTVを見る時間が増えてしまっています。

お盆に入って仕事が一段落したこともあって、
今日はじっくり長男の宿題を見てやりました。

こうして長男と一対一でじっくり接してやる時間が
最近無かったなあ〜、と反省させられました。

私も忙しくなると、ついつい子供に対してもガミガミ
叱り付けることが多くなってしまいます。

「忙しい」という字は、「心を忘れる」と書きます。

仕事と家庭のバランスを取るのは簡単では
ありませんが、すべてに愛を持ってこなして
ゆきたいと思います。

応援して下さりありがとうございます。(^0^)
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 統一教会へ
posted by kei at 19:08| 東京 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 家族の情景 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。