2010年08月26日

3万双の祝福記念日

昨日、8月25日は3万双の祝福記念日。
今回で、18周年となるわけです。

思えば、ソウルのオリンピックスタジアムでの聖酒式と、翌日の祝福式。
1992年は、今年と同じようにとにかく暑い夏で、太陽の日差しで焼けるように暑かった。

成婚問答で、お父様の前に「イェー」、と誓ったあの若い頃の記憶……。

今でも、昨日のように思い起こされます。

相対者と共に、「神様に喜ばれる家庭を築きましょう」と誓って早18年。
とにかく、お互い今も元気で居ることが感謝です。

ささやかながらケーキを買ってお祝いし、妻に「これからもよろしくね」と言いました。

ショー~1.JPG


応援して下さりありがとうございます。(^0^)
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 統一教会へ
posted by kei at 21:01| 東京 ☀| Comment(4) | TrackBack(0) | 家族の情景 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年08月25日

メスを呼び寄せるセミの鳴き声

「処暑」を過ぎても、変わらず猛暑が続いております。

東京の熱帯夜日数の記録は、1994年の47日だそうですが、今年は既に40日を越え、この分ですと過去最も暑い夏になりそうです。寝苦しい毎日ですが、氷枕と扇風機でしのぐ今日この頃です。

さて、学校の夏休みもあとわずか。
我が家でも、小学校4年の長男の尻を叩いて、宿題の仕上げをさせています。

悩んだのは「自由研究」ですが、本人が昆虫が好きで、道端や自宅のベランダなどから、セミの死骸を集めてくるものですから、「セミ」を研究テーマにしました。

図鑑で調べてみると、茶色の羽を持つのがアブラゼミ、透明な羽にまだら模様の体を持つのがミンミンゼミでした。

成虫のオスのセミのお腹には、腹弁と呼ばれる発声器の一部があり、独特の鳴き声を出します。大きな鳴き声で鳴くのは、オスのセミで、あれは、メスを呼び寄せている声なのですね。

夏の風物詩とも言えるセミの鳴き声ですが、そう思って聞いてみると、1ヶ月という短い成虫期間の中で、子孫を残すために、必死に鳴いているようにも聞こえます。昆虫の世界も、調べてみると実に面白いものです。

いろいろ 201008 003.jpg

*我が家のベランダに舞い込んできたアブラゼミです。


応援して下さりありがとうございます。(^0^)
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 統一教会へ
posted by kei at 20:31| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 家族の情景 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

今年も靖国神社へ参拝しました。

yasukuni.jpg

先週の日曜日の話になりますが、今年の8月15日も、靖国神社へ参拝に行って参りました。
平和のありがたみをかみ締めつつ、英霊に感謝の祈りを捧げることは、日本人としての務めのように思えてなりません。
残念ながら、菅内閣の閣僚は誰一人参拝せず、寂しい限りですね。
隣国に媚びへつらうことが外交ではないはずですが、誠に嘆かわしい限りです。
ところで遊就館は、夏休みの期間中、小中学生は入館無料だそうです。
我が家の子供達も、もう少し成長して理解できるようになったら、一緒に見学に連れて行くつもりでいます。

応援して下さりありがとうございます。(^0^)
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 統一教会へ
posted by kei at 20:27| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 平和への願い | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。